サロン接客英語(3)カウンセリング

サロン接客英語③カウンセリング

(1)カルテ・問診票記入

サンプルダイアローグ

スタッフ スタッフ

Could you please fill in this form?
「この用紙に記入していただけますか。」

お客様 お客様

Sure.
「もちろん。」

お客様がカルテ/問診票に記入をする

お客様 お客様

I’m finished.
「終わりました。」

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

Thank you. Please let me check.
「ありがとうございます。確認いたします。」

~してくださいますか。= Could you ~?

お客様に丁寧に何かをお願いする時は、Could you ~?とお聞きしましょう。
Could you ~?は、Can you ~?の丁寧な表現です。
Could you please ~?と聞くとさらに丁寧になります。

(用紙などに)記入する = fill in / fill out ~

紙などに文字を書くことをwriteと言いますが、何か特定の用紙に文字を記入する場合はfill in / fill out ~と言います。
fill inはイギリス英語として、fill outはアメリカ英語として使われています。
用紙はformです。

確認いたします = Let me check.

お客様が用紙を記入し終わり、内容を確認したい場合には、Let me check. 
直訳では、「私に確認させてください。」という意味になります。

「どんなお仕事をされていますか?」を英語で

「どんなお仕事をされていますか?」を英語で

サロン施術前のコンサルテーションでお客様にお聞きする質問事項……

(2)要望と悩みの聞き出し

サンプルダイアローグ

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

How would you like to have your hair/nail/body massage/ facial massage done today?

「今日は(髪を/ネールを/ボディマッサージを/フェースマッサージを)どのようにしたいですか。」

お客様 お客様

(例)I’d like to get _____________.(~をしたいです)

  • a hair cut  髪を切る
  • my hair dyed  髪を染める
  • my hair permed  髪にパーマをかける
  • a straight perm / my hair straightened  髪にストレートパーマをかける
  • my hair breached  髪を脱色する
  • a styling / my hair styled  スタイリングをする
  • my hair layered  髪にレイヤーを入れる
  • a highlight / highlights / my hair highlighted  髪にハイライトを入れる

→詳しくは「業種別用語集・例文集へ

どのようにしたいですか。=How would you like to ~?

「どのように」を聞く疑問詞はHow、「したいですか?」は、would you like to ~?
Would you like to ~?はDo you want to ~?を丁寧にした聞き方です。

(3)禁忌事項の確認

サンプルダイアローグ

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

Do you have any skin conditions or any other health issues?
「何か肌状態や健康上で症状などはありますか?」

お客様 お客様

(例)I have a _____________. (~があります)

  • stiff neck 肩こり・首こり
  • lower back pain  腰痛
  • swollen legs  足のむくみ
  • puffed eyes  まぶたのむくみ
  • dark circles  目の下のくま
  • dry / hydrated skin  乾燥肌
  • oily skin  脂性肌
  • combination skin   混合肌
  • spots / acne / pimples /rash   ニキビ・吹き出物
  • rash  発疹
  • clogged pores  毛穴の詰まり
  • melanin deposit   しみ
  • freckles  そばかす
  • rough skin  荒れた肌
  • sunburn  日焼け

→詳しくは「業種別用語集・例文集へ

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

Do you have any other conditions?
「他には何かございますか。」

お客様 お客様

No, I don’t.
「いいえ、ありません。」

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

If you are happy to continue / go ahead, please sign here.
「もしよろしければ(サービスを受けることに同意されるのであれば)、こちらにサインをお願いします。」

肌状態や健康上の問題の聞き出し

お客様の肌に直接触れる美容院、マッサージサロン、ネイルサロン、化粧品カウンター等では、お客様の肌状態や健康状態の確認が必要になります。
禁忌事項の項目はカウンセリングシート(問診票)に書いてあることが多いと思いますが、念のため、口頭でもお客様に確認できるといいですね。
Do you have ~?と聞き出してみましょう。

「アレルギーはありますか?」を英語で

「アレルギーはありますか?」を英語で

アロマセラピーやリフレクソロジーの施術を行う際には、必ずコン……

肌や体の症状、疾患の有無の確認は英語でなんて言う?

肌状態は skin condition、健康上の問題は health issueと表すと良いでしょう。

issueproblem(問題)やconcern (心配事)よりもやや広範囲な捉え方ができ、病気までいかない軽度の症状、例えば敏感肌や肩こりなどの悩みや症状なども含むことができます。

こちらにサインをお願いします。= Please sign here.

カルテや問診票に記入後、お客様がサロンの規約等に納得の上サービスを受けていただくためにご署名欄にサインが必要になりますね。
用紙を指差しながら、Please sign here.「こちらにご署名をお願いします。」と言いましょう。

(4)メニューの説明と確認

サンプルダイアローグ

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

I recommend ≪メニュー・コース名≫ today.
「お客様には、今日、この≪メニュー・コース名≫をお勧めします。」

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

It includes __________ .
「このメニュー・コース名には_____が含まれています。」

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

This treatment is good for your ≪悩み・要望≫.
「このトリートメントは、≪お客様の悩み・要望≫にいいです/効きます。」

美容師/セラピスト/ネイリスト 美容師/セラピスト/ネイリスト

You would like to have _________ today. Is it correct?
「今日、お客様は、___をご希望ですね。お間違えないですか?」

お客様 お客様

Yes, that’s right.
「はい、それで大丈夫です。」

お客様におすすめは~です。= I recommend ~

お客様のお悩みやご要望を聞いて、おすすめのトリートメントなどがある場合には、I recommend ~と提案することができます。

コース内容を説明するときには、It includes ~.

メニューやトリートメント名を紹介した後は、そのメニューが含んでいるサービス内容をIt includes ~. と言うことができます。
英語はなるべく反復を避ける傾向がある言語なので、メニュー名を一度言ったらその後は代名詞のIt やThis やThis course などの指示代名詞を使います。

勧める理由をThis is good for your ~. で説明する

お客様の要望や目的を聞いた後に、This is good for your ≪要望or 悩み≫.と伝えるとお勧めする説得力が出ます。

お客様の希望のサービスを確認したい場合は、Is it correct?

その日に希望するコースに間違いがないか確認したい時は、トリートメントやコース名を述べた後、Is it correct?「これで合っていますか?」と聞くことができます。
correctは「正しい」の意味、wrongは「間違っている」という意味です。

サロン接客英語(4)アフターフォロー

サロン接客英語(4)アフターフォロー

(1)飲み物のサービス サンプルダイアローグ ……

オンライン(全国/海外)/対面(東京・横浜・神奈川・埼玉・千葉)
サロン専門接客英語
マンツーマン英会話

英語で接客できれば、外国人のお客様の口コミにつながります!

サロン運営者(セラピスト・エステティシャン・美容師・ネイリスト・アイリストなど)が外国人接客に必要な英語を全て学べるオンライン英会話レッスン。

生徒様の声
サロン専門英会話レッスンを受けた方から こんな声をいただいています

英語は苦手でしたが、基礎からわかりやすく教えてもらえて安心です

リラクゼーションサロンの接客英語 ホテル内のリラクゼーションサロンに勤めているのですが、場所柄 外国人のお客様が多く、 コースや施術の説明と予約受付を英語で出来るようにしたい、とレッスンを受け始めました。 英語は学校英語以来で、苦手意識も強く、不安いっぱいのスタートでしたが、 先生がこちらの要望を丁寧に聞いてくださり、わかりやすく親しみやすく教えてくれたおかげで 最近は、外国人のお客様がいらっしゃると積極的に話しかけられるようになりました。 30代女性 リラクゼーションサロン勤務

スタッフの英語マニュアルを作成したくて、たくさん相談に乗っていただきました

エステサロンの経営者 エステサロンを経営しており、外国人のお客様がちらほらといらっしゃるので そのときにスタッフがしっかりとおもてなしができるよう、英語接客のマニュアルを作成しています。 自分のサロンならではのサービスや接客があるのですが、 細かい言い回しなどは本では見つからないことが多く、 英語アドバイザーという形で、何でも聞けるサロンに詳しい先生が側にいることは心強いです。 40代女性 エステサロン経営

将来ネイルサロン独立を目指しているのでその準備として!

将来のネイルサロン独立準備 現在、ネイリストととして雇われの身ですが、数年後には絶対独立をしたい! と思っているので、材料の調達やお客様の接客などで英語が使えたらお仕事の幅が広がると思い 今のうちに英語の準備をはじめました。 今は日常英会話を中心に教えてもらっていますが、英語ってこんなに楽しかったのか!と自分でもびっくりしています。 20代女性 ネイルサロン勤務