アロマテラピーサロンで外国人お客様との英会話

アロマテラピーサロンで外国人お客様との英会話|サロン接客英語

このページでは、アロマセラピーサロンで施術を行うアロマセラピストが、カウンセリングや精油のブレンド時に使う具体的な接客英語と会話例をご紹介します。

「電話予約」「来店・お出迎え」「カウンセリング」「アフターフォロー」「会計・次回予約」の一般的な接客英会話については、「接客英語マニュアル」のページに掲載していますので、そちらもあわせてご覧ください。

カウンセリング時の一般的な質問(ストレスはありますか?肩こりはありますか?痛い場所は?等)や、マッサージ施術中に使う一般的な表現(横になってください、着替えをしてください、等)については、「マッサージサロンでの外国人お客様との英会話」に詳しく掲載しています。そちらもあわせてご確認ください。

アロマテラピーサロンは英語でなんて呼ぶ?

アロマテラピーマッサージサロンは、英語では、aromatherapy massage salon もしくは aromatherapy massage parlorと呼びます。

アロマセラピスト接客英語(1)お客様の生活状況を英語でヒアリングするための英語質問6選

アロマテラピートリートメントの前のカウンセリング(コンサルテーション)で、セラピストはお客様(クライアント)のライフスタイル、食生活、運動など様々な情報を聞き出すことも多いでしょう。

お客様に質問する形で聞き出すことが多いと思われますので、ここではいくつかの聞き方をご紹介します。

Can you fall asleep easily when you go to bed?
「就寝する時、寝入りやすいですか?」

Do you drink alcohol?
「アルコールを飲みますか?」

Do you smoke?
「タバコを吸いますか?」

Do you do exercise regularly?
「運動を定期的に行いますか?」

Do you take care of your diet?
「食生活に気を付けていますか?」

Do you do exercises regularly?
「運動を定期的に行っていますか?」

アロマセラピスト接客英語(2)施術部位とアレルギーの有無を確認する

サンプルダイアローグ

アロマセラピスト アロマセラピスト

Are there any places where you don’t want to be touched?
「触れられたくない箇所はございますか?」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Are there any places where I should avoid working on?
「マッサージを避けるべき箇所はございますか?」

お客様 お客様

I hit my right elbow last night and it’s still sore.
「昨夜、右の肘を打ってしまったのでまだ痛いです。

アロマセラピスト アロマセラピスト

I’m sorry to hear that. Well, I’ll avoid massaging there.
「それはお気の毒ですね。では、その部分のマッサージは避けますね。」

お客様 お客様

Thank you.
「ありがとう。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Do you have any allergies?
「何かアレルギーはございますか?」

お客様 お客様

Yes, I’m allergic to wheat.
「はい、小麦アレルギーです。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Well, I won’t use wheat germ oil.
「では、ウィートジャームオイルの使用は避けますね。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Do you have any other allergies?
「他に何かアレルギーはございますか?」

お客様 お客様

No, I don’t have any others.
「いいえ、他にはありません。」

施術を避けなければいけない箇所を確認する

お客様が、施術を受ける当日に、マッサージを避けてもらいたい箇所の確認をするには、Are there any places where ~?と聞くことができます。placesの後のwhereは関係代名詞の活用になります。

Are there any places where you don’t want to be touched?
「触れられるのを避けたい箇所はございますか?」

Are there any places where I should avoid working on?
「マッサージを避けるべき箇所はございますか?」

アレルギーはありますか? = Do you have any allergies?

アロマテラピーで用いるキャリアオイルや精油にアレルギーがないかどうかをお客様に確認する際には、Do you have any allergies?「何かアレルギーはございますか?」と聞くことができます。アレルギーをお持ちの場合には、I’m allergic to ~.もしくは、I have an allergy to ~. 「~のアレルギーです。」と答えます。

「アレルギーはありますか?」を英語で

「アレルギーはありますか?」を英語で

アロマセラピーやリフレクソロジーの施術を行う際には、必ずコン……

アロマセラピスト接客英語(3)アロマブレンドオイル作成のための英語表現

サンプルダイアローグ

アロマセラピスト アロマセラピスト

What kind of smell would you like for your original blended oil?
「お客様のためのオリジナルアロマオイルに、どんな種類の香りがよろしいでしょうか?」

アロマセラピスト アロマセラピスト

What kind of scent do you like, for example, citrus, woody, flowery, or herbal?
「どんな種類の香りがお好みですか?例えば、柑橘系、ウッド系、お花系、ハーブ系など。」

お客様 お客様

I like the citrus smell.
「柑橘系の香りが好きです。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

In my consultation, I assume your body issue _________ is caused by overworking and stress.
「私の見解では、お客様の___のお悩みは、過労とストレスから引き起こされていると考えられます。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

So, I’ll make an original aromatherapy blended oil for you which will help you to be more relaxed and it will help you with your sleep.
「ですので、お客様にもっとリラックスしていただけて眠りも助けることができるようなオイルをお作りいたしますね。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

I’ll use ________, _________, ________ essential oils and jojoba oil as a carrier oil.
「(精油)と、(精油)と、(精油)と、キャリアオイルとしてホホバオイルを使います。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Sweet orange essential oil has a sedative, nervine properties, and it helps to induce sleep.
「スイートオレンジ精油は、鎮静作用と神経強化作用があり、眠気を導きます。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Jojoba oil is good for dehydrated skin and sensitive skin.
「ホホバオイルは、乾燥肌と敏感肌に良いです。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Therefore, this blended oil will work well for your stress relief and is also good for your skin.
「したがって、このブレンドオイルは、お客様のストレスの解消とお肌にも良いです。」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Would you smell this blended oil?
「このブレンドオイルを嗅いでいただけますか?」

アロマセラピスト アロマセラピスト

Do you like the smell?
「この香りはお好きですか?」

お客様 お客様

Yes, this is nice. Thanks, I like it.
「はい、いいですね。ありがとう。気に入りました。」

どんな香りがお好みですか? = What kind of smell do you like?

アロマオイルを作成する前に、お客様に好みの香りの種類を聞きたい時は、What kind of smell ~?/ What kind of scent ~do you like? 「何の種類の香りをお好みですか?」

What kind of smell you would like for your original blended oil?
「お客様のためのオリジナルアロマオイルに、どんな種類の香りがよろしいでしょうか?」

What kind of scent do you like, for example, citrus, woody, flowery, or herbal?
「どんな種類の香りがお好みですか?例えば、柑橘系、ウッド系、お花系、ハーブ系など。」

アロマセラピストによるコンサルテーション =In my consultation,…

お客様に、心身の不調や症状、生活状況などの問診後に、In my consultation,…と話し出すことで、プロのアロマセラピストとしての見解を伝えることができます。

しかし、あくまでも断定はせずに治療家としての意見や判断を表す assume「推測する」という言葉を使うと良いでしょう。

「〇〇によって引き起こされる」という原因を表す英語表現は、be動詞+caused by 〇〇。

(例文)
In my consultation, I assume your body issue _________ is caused by overworking and stress.
「私の見解では、お客様の____の症状は、過労とストレスが原因だと思われます。」

アロマブレンドオイルを作成する時の英語表現

・精油=essential oil
・キャリアオイル=carrier oil
_____is good for ~=「_____は~に良いです」

(例)
I’ll use ________, _________, ________ essential oils and jojoba oil as a carrier oil.
「__と___と___の精油とホホバオイルをキャリアオイルとして使用します。

Jojoba oil is good for dehydrated skin and sensitive skin.
「ホホバオイルは乾燥肌と敏感肌に良いです。」

精油とキャリアオイルの作用・特性を表す英単語

アロマテラピーの精油やキャリアオイルが持つ治癒作用・特性を表す英語表現は多数あります。以下、一例です。

  • action 作用
  • effect 効果
  • benefit 利益・有益
  • property 特性

これらの単語に、therapeuticやhealthを付けると、さらに具体的になります。

  • therapeutic property 「治癒特性」
  • health benefit 「健康面への利点」

アロマオイルの香りをお客様に確認していただく時 = Would you smell this blended oil?

ブレンドしたアロマオイルの香りをお客様に確認していただきたい時は、

・Would you smell this blended oil?
「このブレンドオイルを嗅いでいただけますか?」
*Would you ~?は何かをお願いしたい時の丁寧な聞き方です。

・Do you like the smell?
「この香りはお好きですか?」

カウンセリング時の一般的な質問(ストレスはありますか?肩こりはありますか?痛い場所は?等)や、マッサージ施術中に使う一般的な表現(横になってください、着替えをしてください、等)については、「マッサージサロンでの外国人お客様との英会話」に詳しく掲載しています。そちらもあわせてご確認ください。

「電話予約」「来店・お出迎え」「カウンセリング」「アフターフォロー」「会計・次回予約」の一般的な接客英会話については、「接客英語マニュアル」のページに掲載しています。

サロン接客英語(1)電話予約編

サロン接客英語(1)電話予約編

(1)電話を受ける サンプルダイアローグ ……

マッサージサロンでの外国人お客様との英会話

マッサージサロンでの外国人お客様との英会話

このページでは、マッサージやトリートメントサロンで施術を行う……

対応エリア:オンライン(全国/海外)、対面(東京・横浜・神奈川・埼玉・千葉)
サロン専門オーダーメイド
マンツーマン英会話レッスン

サロン運営者(セラピスト・エステティシャン・美容師・ネイリスト・アイリストなど)
が外国人接客に必要な英語を全て学べるオンライン英会話レッスン。

生徒様の声
サロン専門英会話レッスンを受けた方から こんな声をいただいています

英語は苦手でしたが、基礎からわかりやすく教えてもらえて安心です

リラクゼーションサロンの接客英語 ホテル内のリラクゼーションサロンに勤めているのですが、場所柄 外国人のお客様が多く、 コースや施術の説明と予約受付を英語で出来るようにしたい、とレッスンを受け始めました。 英語は学校英語以来で、苦手意識も強く、不安いっぱいのスタートでしたが、 先生がこちらの要望を丁寧に聞いてくださり、わかりやすく親しみやすく教えてくれたおかげで 最近は、外国人のお客様がいらっしゃると積極的に話しかけられるようになりました。 30代女性 リラクゼーションサロン勤務

スタッフの英語マニュアルを作成したくて、たくさん相談に乗っていただきました

エステサロンの経営者 エステサロンを経営しており、外国人のお客様がちらほらといらっしゃるので そのときにスタッフがしっかりとおもてなしができるよう、英語接客のマニュアルを作成しています。 自分のサロンならではのサービスや接客があるのですが、 細かい言い回しなどは本では見つからないことが多く、 英語アドバイザーという形で、何でも聞けるサロンに詳しい先生が側にいることは心強いです。 40代女性 エステサロン経営

将来ネイルサロン独立を目指しているのでその準備として!

将来のネイルサロン独立準備 現在、ネイリストととして雇われの身ですが、数年後には絶対独立をしたい! と思っているので、材料の調達やお客様の接客などで英語が使えたらお仕事の幅が広がると思い 今のうちに英語の準備をはじめました。 今は日常英会話を中心に教えてもらっていますが、英語ってこんなに楽しかったのか!と自分でもびっくりしています。 20代女性 ネイルサロン勤務