「お手洗いは大丈夫ですか?/トイレに行かれますか?」を英語で

「お手洗いは大丈夫ですか?」を英語で

施術を行う際、始まりから終わるまで通常1、2時間かかります。
特にフルボディマッサージともなると、コンサルテーションから始まり最後にお着替えをして出て来ていただくまで、2時間くらいかかってしまいます。

施術中はお手洗いに行きたくなっても、マッサージ専用のガウンを着ていたり、何も身につけていない時もありますので、再度着替えたりしなければなりません。
また施術が中断されてしまうのでお客様も気を遣って行くのを我慢してしまうことも多いと思います。

せっかく施術を受けにいらしているのにリラックスできなくならないように、施術の前に事前に「お手洗いは大丈夫ですか?/ トイレに行かれますか?」と声をかけて差し上げましょう。

「お手洗いは大丈夫ですか?/トイレに行かれますか?」=Would you like to use the restroom?

「お手洗い」は日本語でも「お化粧室」や「トイレ」のように色々な言い方があるように、英語でもrestroom以外にも数多くの表現がありますので一緒に覚えましょう。

一緒に覚えておきたい単語

Restroom 直訳すると休憩室という意味です。

Washroom 日本でいうお手洗いです。

Bathroom 西洋文化では浴槽とトイレが一緒の場所にあることが多いから派生した表現。

Lady’s room/ Men’s room 女性の部屋、男性の部屋

Lady’s/Gent’s 上記の表現の略で女性用・男性用

Powder room お化粧室という意味

Lavatory 飛行機などではこの表現が使われています。

Toilet これはそのままトイレです。イギリス英語では普通に問題なく使われますが、アメリカ英語だと「便器」という意味合いが強くなり丁寧ではないとされます。

施術前に、お客様にお手洗いは大丈夫か伺ってみましょう

セラピスト セラピスト

Would you like to use the restroom before we start?
(始める前にお手洗いに行かなくて大丈夫ですか?)

お客様 お客様

Oh yes, I should go, right?
(あ、そうですね。行っておいた方がいいですよね。)

セラピスト セラピスト

The session takes about 90 minutes, so I recommend that you go now if you feel like you might have to go later.
(セッションが90分くらいかかりますので、途中で行きたくなると思われるなら今のうちに行かれておいた方がいいかもしれませんね。)

お客様 お客様

You are right. Where is it?
(そうですね。お手洗いはどちらになりますか?)

セラピスト セラピスト

It’s just outside the door, on your left.
(ドアを出たところの左手にありますよ。)

お客様 お客様

Thank you.
(ありがとうございます。)

「お手洗いは大丈夫ですか?/トイレに行かれますか?」を英語で|まとめ

ボディトリートメントを行うと身体の血液や体液の巡りが良くなりますので、お手洗いに行きたくなりがちです。
また、施術前のコンサルテーション時にお客様にお茶などのお飲物をお出しすることも多いですね。
水分補給はとても大切なので、積極的に水分を摂っていただきたいのですが、同時に不要なものを体外に排出するのもデトックスのために大切です。
施術途中でお手洗いに行きたくなっても、お客様の中には言いづらく感じることもあると思いますので、快適に最後までリラックスして施術を受けていただけるように事前にお尋ねして差し上げましょう。

マッサージサロンの外国人対応に!接客英語事例集

マッサージサロンの外国人対応に!接客英語事例集

このページでは、マッサージやトリートメントサロンで施術を行う……

アロマテラピーサロンの外国人対応に!接客英語事例集

アロマテラピーサロンの外国人対応に!接客英語事例集

このページでは、アロマセラピーサロンで施術を行うアロマセラピ……

サロン接客英語(2)来店・お出迎え編

サロン接客英語(2)来店・お出迎え編

(1)来店挨拶 サンプルダイアローグ ……